人生で初めて投票に行ってみた 参議院選挙での投票方法と行ってみた感想 

投票箱の写真雑記

早起きして選挙に行ってきた。

ブログ内で世の中に不満を零しているのに、投票に行かないのはいかがなものか…と思ったので、人生経験だと思って初めて参議院選挙に行ってきました!

せっかくなので、今回は投票する際の流れや実際行ってみた感想を書きたいと思います!

「18歳になったんだけど、投票ってどうやってするの?」って人や

「今まで行かなかったんだけど…選挙ってどんな感じ?」と気になっている人は今後の参考になれば嬉しいです!

投票方法について

まず、私が体験した投票の流れをお話ししたいと思います。

主な流れを簡単にまとめると

  1. 「投票のご案内」に指定された会場に行って受付をする
  2. 1枚目の投票用紙を貰う
  3. 各都道府県の選挙区の候補者の名前を書いて投票箱に入れる
  4. 2枚目の投票用紙を貰う
  5. 比例区代表の候補者の名前or支持している政党名を書いて投票箱に入れる
  6. 終了

という感じです。

以下は「もうちょっと詳しく!」と思った方に向けて書きます

会場に入ったらまず受付をする

ハガキや封筒でご家族なら一人1枚ずつ名前が書かれた「投票のご案内」という紙が送られます。

そこに書かれている投票会場へ向かいます。

投票会場に着たら、「投票のご案内」という紙を持参して受付の人に渡します。

もしも「投票のご案内」の紙を捨ててしまったorまたは忘れてしまっても、その旨を案内の人に伝えれば名簿からあなたの名前を見つけて投票が出来ます。

1枚目の投票用紙を貰う

受付が終わると、投票用紙を貰える掛かりの場所に誘導されます。

この時貰う投票用紙は、各都道府県の候補者を書く為の投票用紙です!

間違えて比例代表の候補者の名前を書かないように気を付けましょう!

各都道府県の候補者の名前を書く

投票用紙を貰うと、鉛筆が置かれた6人分くらいの仕切りがある机に誘導されます。

目の前に貼られた表には、あなたが住んでいる場所(厳密にはあなたの住民票に記載されている都道府県)に出馬している代表の名前が書かれているので、その名前を誤字がないように記入します。

名前に関しては、その代表のフルネームを漢字orひらがなで書きましょう!

〇〇さんがんばれ!とか○○大先生!とか余計な事を書くと無効票になっていまいますので注意しましょう!

書いて良いのは候補者のフルネームだけです。

記入が終わったら投票箱に入れます。

2枚目の投票用紙を貰う

1枚目の投票が終わったら、2枚目の投票用紙を貰います。

こちらが比例代表を書く投票用紙です!

比例代表の候補者の名前を書く

またしきりのある机に誘導されますので、そこに書かれた比例区代表の候補者を書きます。

個人的な感想としましては、候補者の数が多かったので行く前にあらかじめ自分が投票したい人を決めて置くとスムーズに投票出来ると思います。

こちらは支持している政党名を書いても構いませんし、特に推している人がいるなら候補者の名前を書いても大丈夫です!

個人的には推している候補者の名前を書くことをおすすめします。

なぜなら、候補者の名前を書いておくと例えその人が落選してしまっても

その人が所属している政党に票が加算されるので、あなたの投票が無駄にならないからです!

記入が終えて投票箱に入れたら終了です!

2票ある意味・選挙区と比例区の違いについて

「なんで一人2票あるの?」と思った方や「選挙区と比例区は何が違うの?」と思った方もいると思うので、簡単に説明します。

なぜ2票書くのかというと、この2票に投票する規模が違うからです。

選挙区→ あなたの住民票がある都道府県の候補者にしか投票が出来ない票(極端な例を挙げると、東京都民の人は東京の候補者のみ投票が可能です。沖縄県民の候補者に投票は出来ません)

あなたが住んでいるご当地限定で投票出来る票と思えば分かりやすいかと思います。

比例区代表 → 住んでいる都道府県に制限されず、全国の人が好きな候補者に投票出来る票(こちらはどの都道府県にいても好きな政党or比例区に立候補している候補者に書けます)

こちらには選挙区の候補者は書けません。

ですが、代わりに住んでいる都道府県は関係なく支持する政党や推している候補者が書ける、選挙区より自由度が高い票だと思って頂ければ分かりやすいかと思います。

初めて投票に行ってみた感想

思い切って一人で行ってきたものの、「お爺ちゃんお婆ちゃんばっかりだったらどうしよう、気まずい…。」と思いつつソワソワしていたんですが、

意外とサラリーマン風の方や若い女性も居てホッとしました。

朝早く行ったので並ぶ事なく、5分くらいで想像していたよりあっさりと終わりました。

ただ、歩いて行ったのと会場が蒸し暑かった事もあり、汗をかいてしまいちょっと恥ずかしかったです(;^_^A

正式な投票するならちゃんとした格好が良いのかな?と思いで仕事でも着るような恰好で行ったんですが…

近所のコンビニ行くくらいのTシャツに短パンなどラフな格好の方ばかりだったで「あっ、そんな気軽に来てで良かったんだ」と思いました。

まとめ

どこに、誰に投票したかは此処では伏せておきます。

人それぞれ「この人なら!」と思って投票した人もいると思いますし、選挙法違反になってしまう可能性があるので。

初めての投票だったので遠足前の子供みたいにソワソワしていましたが、意外と気軽に行けるので興味がある方は行ってみて下さい!

投票だけで世の中を変える事は難しいですが、改めて欲しい政策に「NO!」と主張出来る手段でもあります。

今まで「どうせどこに投票しても世の中変わらないし…」と思っている人でも、自分の意思表示だと思ってダメ元で一度行ってみて欲しいなと思います。

何事も新しいことにはどんどんチャレンジしてみましょう!

それでは!

タイトルとURLをコピーしました