他人と比較して自分を評価する事を辞めた3つの理由 

靴で踏まれそうになる騎士のおもちゃの画像メンタル

筋トレをしてから「身長伸びたね」と久々に会う人に言われる機会が増えた、やったね。(単に猫背が治っただけだと思いますが…

皆さん、他人と比べて「それに比べて自分は…。」と落ち込む時ってありませんか?

 

逆に「私 or 俺はあの人よりマシ」と優越感が安心に繋がっている人もいるかもしれません。

ですが、それって自分にとって良くない考え方なんです。

どうしてそう思うのか、これから語りたいと思います。

 

「あの人は凄いのに私は全然ダメ…そんな自分が嫌だし焦る。」と思っている人や

「何で他人と比べたらダメなの?」と疑問に思う人に見て頂ければと思います!

スポンサーリンク

そもそも、何故他人と比べてしまうのか

思考の起点としては、学校教育で刷り込まれるテストや受験などで、常に他人を意識した競争方法を強いられる事にあると思います。

私が過去に通った学校ではありませんでしたが、大学時代の友人が居た学校では

生徒全員の定期テストの成績を大きな紙に貼って掲示すると聞いた時は「ひえっ。(;^ω^)」となりました。

 

ですが、これがあくまで種の部分だと思います。

人に寄ってはテストの成績なんて気にしない人もいるでしょうから。(少なくとも、私は学生時代は試合放棄タイプでした。勉強自体が大嫌いだったもので…。)

この種が芽になってしまう原因は「自分に対する自信のなさ」だと思います。

 

自分に自信がないから、安心や基準を得る為に他人を比較対象として求めてしまうのです。

ですが、私は他人と自分を比べる事に対してこう思います。

スポンサーリンク

隣の芝の青さを眺めてるだけでは自分は何も得られない

皆さん、他人と比較している時って主に何をしていますか?

人に寄ってはその人のSNSを見たり、その人の会話に耳を傾ける人もいるかもしれません。

または、テストの点数や資格の合否で比べる人もいるかもしれません。

 

ですが、その間はその人の動向にばかりに意識が集中してしまい、自然とあなた自身が何もしてない状況になってませんか?

何故人と比べてはだめなのか、それは他人と比べている時間は自分の事が疎かになってしまうからです。

その上、ライバル心向上心よりも嫉妬心劣等感、「あの人に比べて何で俺 or私は…」と虚無感焦りなどのマイナス感情が先に胸を過ってしまうと思います。

 

例えこのような感情が湧かなくとも、何となく…体の中のエネルギーを消耗している感覚になりませんか?

他人と比べる事に時間を使うなんてもったいない!時間は有限です!もっと自分の為に時間を使ってあげましょう!

どんな分野にも上には上がいます、自分と同じくらいだと思っている人でも得手不得手があります。

 

それに加え、その人の現在があるのは個々人の努力やセンスも背景にあるので、他人と比べても仕方が無い事が多いんです。

どんなに自分が嫌いでも、どんなにダメだと思うな所が多くても、あなたはあなた以外の人間にはなれません。

ですが、あなたがどんなに自分が嫌いでも、どんなにダメだと思うな所が多くても、あなたがダメな人間なんかではありません。

 

本人に自覚は無くても、何かしら一生懸命頑張っている人程、ふと他人と自分を比べてしまい自己嫌悪に陥ってしまいがちです。

あなたは今でも充分素敵な人です、肩の力抜いていきましょう!

ですが、どうしても不安なら手足を動かして行動しましょう!不安への一番の特効薬や行動する事です!

スポンサーリンク

頑張っている自分の姿・自分の特徴が認識しづらくなる

劣等感というのは厄介なもので、どんなに頑張った事があっても

「○○が出来ていない自分は駄目な奴だ…。」という感情で包んで隠してしまいます。

劣等感を持って他人と比較してしまうと、自分が今までやってきた事がどのくらい凄い事か分からなくなってしまいます。

 

前述で個々人の努力やセンスの違いが成果に繋がっている可能性があると書きましたが、それはあなたも同じです。

せっかくあなたにしか出来ない事やキラリと光る特徴があるのに、努力の結果をうやむやにしては無視してしまうのは悲しい事です。

不安になったら、今自分が出来る事を淡々とこなしていきましょう。

 

そしてどんな小さなことでも良い、他人と比較する前にもっと自分を褒めてあげましょう!

勉強だったら「昨日は○○出来なかったけど、今日は××の部分は理解出来た!」とか

お仕事なら「今日は上司や先輩から叱らなかった!」とか何でもOKです!

 

自分で自分を褒めるのは虚しいから、他人に褒めて貰いたい人も多いかもしれません。

ですが、他人は表面的な成果でしか相手を評価できない傾向が強いと思います。

なので、他人の目に見えていない努力をしている部分は自分で自分を褒めてあげましょう!

 

自分が努力している自覚を持てば、他人の動向なんて気にならなくなると思います!

スポンサーリンク

結局は心の奥底でただ他人に期待しているだけに過ぎない

前述した自信のなさの原因は、多くの人は自分の「弱さ」や「至らなさ」が自信を蝕んでいるように思っていると思います。

ですが、私はもう一つ原因があるんじゃないかと思います。

 

それは、他人への過度な期待です!

どういう事かというと、多くの人が自分の「弱さ」や「至らなさ」で苦しむ一方、

もっと深い部分で「他人にもっと自分を評価して欲しい」という心理が自信を蝕んでいるんじゃないかと私は思います。

 

だから他人と比べてしまい、結果的に自己嫌悪に陥ってしまうんじゃないかと考察します。

期待ってプラスなイメージがある言葉で使う人が結構いますが…個人的にはあまり言わない方が良いと思います。

何故なら、言った相手は特別何もしない…所謂「待っている」だけなのに、言われた相手を頑張らせてしまう怖い言葉でもあるからです。

 

それは、ゲーム的に言うとバフ(ステータスを強化させる総称)をあげたような感覚になると思いますが、

人に寄っては期待されればされるだけ責任感や重圧で苦しんでしまう呪いの言葉に変わってしまいます。

 

自分に自信がない人の場合、「他人に評価して欲しい!」という期待という呪いが膨れ上がった結果、

評価してくれない他人に攻撃的になってしまい、自分の評価や自信を失ってしまう。

人を呪わば穴二つ…といった状態になってしまう気がします。

では、どうすれば良いのか

では、そうならないどうすれば良いのかを教えたいと思います。

自分にとっての本当の敵を認識する

他人への評価を気にしない方法…それは自分にとっての本当の敵を認識する事です。

ですが、敵は他人ではありません。それは…

あなた自身です。

 

…と言いたい所ですが、月並みな言葉過ぎて皆さん聞き飽きていると思うので(;^ω^)もう少し具体的に言いましょう!

他人と比べてしまうあなたにとっての敵は「不安」「罪悪感」この2つです。

「不安?罪悪感?…どういう事?」と思った人もいると思うので、これから解説したいと思います。

不安の正体を知る

まず、あなたが何故人と比較してしまうのか、それは何か「不安」があるからだと思います。

「あの子が私 or 俺より成績が良かったらどうしよう」とか

「○○が上手 or 成功したらどうしよう。」など、誰かと比べたくなることがあるからでしょう。

何が自分にとって不安なのか、まずは不安の正体を知ることが大切です。

ざっくりでも良いので、それが分かれば「英語が苦手だからもっと勉強時間を増やそう」とか

「○○が自信がないから誰かに相談しよう」なんて、次のステップに行くきっかけになると思います。

罪悪感に押しつぶされない

例えば、あなたが何か悪い事をしたとします。それに対して、あなたを非難するのは誰ですか?

親や家族、友達や知人、時には警察かもしれません。

この時「○○したのがバレたら、××さんに怒られるだろうなぁ…。」こういった感情が罪悪感です。

 

つまり、罪悪感とは相手から見たあなたの評価を予測して芽生える感情です。

では、罪悪感を基準に行動するとどうなるでしょうか。

 

勿論、人を困らせたり悪い事はしてはいけませんよ?

一見良い事の様に思えますが、罪悪感が深すぎると受動的な生き方にもなってしまいます。

「俺 or 私は○○をしてしまった!もう人生おしまいだ!=もう俺 or 私に期待しないで。」と、新しい行動を起こさせる気持ちと自信を消してしまうのです。

 

私が就活失敗してヒキニートになった頃、これと同じ事を常に思ってました。

今思うと自信のなさは罪悪感が原因だったのかな?

そして「自分で行動する=他人に怒られる」と考えるようになると、あなたは成長しません。

 

何が言いたいかというと、罪悪感はあなたが失敗から学ぶ事を阻害する感情でもあるという事です。

何事も他人の評価を気にするのではなく、どうすれば1度失敗した時と同じ失敗しないで済むのかを常に考える事が大切です。

別に危険だと思ったり嫌だったら、その事から逃げたり避けたりしても良いんですよ?

ですが、どうすれば避ける事が出来るのかを考える事が大切です!

不安や罪悪感を打ち消す為に考えて行動に起こす

「就活辛い!」と思ったら、決して楽ではありませんがパソコンで出来る仕事を探してみたり、

「楽して痩せたい!」と思ったら決して楽で(ryが食事から変えてみたり、知恵を使えば物事の回避方法は色々あります。

 

常に調べて考え、行動する事を意識しましょう!

 

そうすれば、他人と比べる時間なんてないくらい忙しくなって、自然と自分に自信がつくと思います!

スポンサーリンク

まとめ

ダラダラと書きましたが、何が言いたかったかまとめるとこんな感じです!

  1. 他人と比較してもレベルアップしないよ!自分の為に時間を使ってあげよう!
  2. 小さな事でも偉い!もっと頑張っている自分を褒めてあげよう!
  3. 他人に期待するのは危険!調べて、考え、行動して解決策を見つけよう!

色々偉そうに書いてる私も、有名ブロガーさんのブログを見て「凄いなぁ…。」と思う事は多々ありました。

自信を無くした時もありましたが、私の書いた記事を見に来てくれる読者さんを大事する事、自分自身がレベルアップする事が大事だと思い、これからは誰かと比較して自分を評価する事を辞めました。

私の様に悩んでいた人が、一人でも前向きになれれば嬉しいです!

それでは。

 

タイトルとURLをコピーしました